スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒 ~ 面白かったっス!(^-^)

映画「スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」を観ました!

 

実は、、、それほど「観たい!」と思っていなかったのでギリギリまで「どうしよう。。」と悩んでいたのですが・・。(^^;

 

というのも、エピソード1くらいから何となく面白くなくなってきた、、もとい、僕の求めているものとズレが大きくなってきているような気がして(新しい作品が公開される度、悩んだ末に一応ひと通り観てはいるのですが)、毎回ほぼ惰性で観ているような有様でした(汗
でも、今回のエピソード7を観た感想は?というと・・嬉しいことに「面白かった!」です♪(^-^)v
オフィシャルサイトでは・・

 

——————————-

 

INTRODUCTION

 

映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』、その新たなる3部作の第一弾。

ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグ―ハリウッドが生んだ偉大なる巨星たちの才能を継ぐ、J.J.エイブラムスの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がベールを脱ぐ。はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、家族の愛と喪失の壮大な物語。その歴史は、新たなるヒロイン、新たなる仲間たちによって、≪新たなる3部作≫として、真新しい1ページを開く。
家族を知らず砂漠の惑星で孤独に生きるヒロイン、レイの運命が、新型ドロイドのBB-8、戦うことに疑問を抱く兵士フィン、そして、フォースの暗黒面の担い手、カイロ・レンらと交わる時、銀河の命運を賭けた戦いの渦中へと導かれる。

果たして、真のフォースに目覚める者は、誰か…?その行く末を今、世界は固唾を飲んで待っている。
──その時あなたは、新たなる伝説の目撃者となる。
STORY

『ジェダイの帰還』から約30年後を舞台に、フォースを巡る全く新しい“家族の愛と喪失の物語”が描かれる。
砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独なヒロイン、レイの運命は“ある出会い”によって一変することに…。
旧シリーズの不朽のキャラクターたちに加えて、重要なカギを握るドロイドBB-8、ストームトルーパーの脱走兵フィンなどが登場。世界中が注目する悪役は十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン。
——————————-
・・などと書かれています。

 

最終的には、上記の文言を含めたオフィシャルサイトの内容を拝見したことで、「今回も観に行ってみようかなぁ・・」と背中を押された感じです。。(^^;A
ネタバレになってしまう恐れがありますので詳しくは書けませんが、僕個人としては、ハリソン・フォードやキャリー・フィッシャー、マーク・ハミルなどの(皆さん歳をとってしまいましたが)懐かしい面々に映画のスクリーンの中で再び会うことが出来て嬉しかったです♪

 

また、若手のデイジー・リドリー(レイ役)、ジョン・ボイエガ(フィン役)、アダム・ドライバー(カイロ・レン役)たちも、それぞれに存在感があり、好演しているように思いました。

スターウォーズのみに関わらず、いろいろな映画・舞台等での今後の活躍が楽しみな役者さんたちです!

 

映画全体の印象としては、、ちょっぴりレトロっぽいデザイン?(第一作目が公開された時代を考えると仕方の無いことですが)のスターウォーズの“世界観”もちゃんと踏襲されており、場面転換のテンポもなかなかに小気味良くて、流石はJ.J.エイブラムス監督だなぁ・・と惚れ直しちゃいましたよん。

 

ということで・・新たなる三部作の一作目として、充分に次回作を期待させる内容だったのではないかと感じました!

 

ではでは。